リプロダクトのイームズチェア

Amazon プライムデー 2017でイームズチェアのリプロダクト品を何脚か買いました。アームレスは2,500円くらいでした。安い。まあり家具について詳しくはないのですが、ハーマンミラー社製は6万円くらいしますよね。

半年くらいドラムの椅子に座って仕事をしていたので、背もたれのある椅子の楽さが沁みます。


Vibram Five FIngers

ビブラム ファイブフィンガーズ以前から気になっていたVibram Five FIngersを買いました。モデルは「SPYRIDON MR」。オフロードで走ることを目的としたモデルです。ファイブフィンガーズですからソールはかなり薄いのですが、シリーズの中では比較的厚め。公式サイトによると、「泥などのタフな状況下でも耐えられるようにソールが改良されています」とのこと。

実際に履いてみると、想像よりも柔らかい履き心地で足に良くフィットします。もちろん個人差があると思いますが、自分の足にはピッタリで非常には着心地が良い。

https://www.barefootinc.jp

ビブラム ファイブフィンガーズの機能や効果は公式サイトの説明に詳しいのでここでは触れませんが、ビブラムの考え方は要するに、薄いソールの靴を履けば自分の足で衝撃を吸収するような走り方をせざるを得ず、結果怪我しにくくなる、というもの。確かにクッション性の高い靴だと表面的な痛みを感じない分、衝撃が過度に足首や膝間接に伝わり故障の原因となるかもしれません。なるほど。しかし、つま先着地はふくらはぎへの負担が増すことになるので、それはそれでケアが必要になってくるでしょう。

近年は、様々なシューズを適宜ローテートして履いた方が怪我しにくくなる、と言われています。各社様々な理論を打ち立てて宣伝していますが、完璧な靴など存在しないので、違和感を感じたら、本格的な故障に至る前に別の靴を試してみるのが良さそうです。過ぎたるは及ばざるがごとし。

最近は、中庸とか最適化という言葉が気に入っています。

とりあえず、実際に走ってボロくなる前に記念の一枚を残しておこうということで記事にしてみました。

※ビブラム ファイブフィンガーズの効果には賛否両論あります。

 


プリンターで悩む

848A4168

Canon PIXUS PRO-10Sと、PIXUS PRO-100Sで悩む

 石川直樹さんの「写真学校」で2016年5月にグループ展を行うことになり、それに備えてキヤノンの上位プリンターを物色している。候補は、Canon PIXUS PRO-10Sと、PIXUS PRO-100S。前者は顔料インクで後者は染料インク。一般的に、モノクロは顔料インクの方が得意とされているので、当初は顔料インクのPRO-10Sを選ぶつもりでいた。しかし、実際に店頭でPRO-10Sのプリント集をみると、光沢紙に印刷されたカラー作例に艶が無い。PRO-100Sと見比べるとその差は顕著なのだが、PRO-10Sによる作例だけを見たとしても、ツヤのなさに違和感を覚える。そして、非常にプレーンというかフラットな質感。一方PRO-100Sによる作例には、月並みな言い方だが、これまでに慣れ親しんだ「写真」の艶が。インクが用紙の中に浸透して定着するからか、奥行きも感じられる。光沢紙しか使わないのであればPRO-100Sが良いかも、と再考を迫られることに。

微粒面光沢 ラスターの場合

 全体的にツヤの無い仕上がりのPRO-10Sだが、微粒面光沢ラスター紙に印刷されたカラー作品は色、質感ともに素晴らしい。微粒面(微細な凸凹)の特性からか、プレーンな紙には無かった落ち着いた艶が見て取れる。艶というよりも、微細な輝きと言った方が適切かもしれない。解像感も素晴らしい。しかし、発色や艶やかさに関しては、やはりPRO-100Sに軍配が。
 もともと作品に艶はあまり求めていないのだが、インクの特性上そもそもそれが出しにくい、となると事情が異なる。高精細かつ豊かな階調を求めて顔料機を選択するのも良いのだが、汎用性を考えるとツヤが出ないPRO-10Sには不安が残る。場合によっては、ガラスコートのような艶を求められることもあるかもしれないし。

コットンペーパーの場合

 光沢紙や半光沢紙の場合、発色やツヤ、奥行きはPRO-100Sに軍配が上がるものの(個人の感想)、コットン紙となるとそれが見事に逆転。顔料インクは紙の表面に定着するのに対し、染料インクは紙の内部に浸透し沈着するので、インクをよく吸うコットンペーパーには不向きなのかもしれない。
 実は、和紙へのプリントも念頭に入れているので、顔料では解像感が失われてしまう恐れがある。しかし、お隣徳島のアワガミファクトリーさんの和紙は、インクジェットプリンターで印刷しても滲まないように加工が施されている。もし染料インクでも和紙に精細にプリントできるのであればPRO-100Sを買おうと思うが、そうでなければ、この問答はしばらく続きそうである。