蠣崎マコトさんの作品

山口一郎画伯らと、香川県のガラス作家 蠣崎マコトさんのお宅にお邪魔しました。作家さんご本人の解説付きで作品を間近で見られるなんてなんて滅多にない機会。どれもこれもシンプルかつ機能的で素晴らしい。高松の「まちのシューレ」オリジナルのグラスは、蠣崎さんの作品。グラスはお店のサイトから購入可能です。


旧ユーゴの旅13 – ドブロブニク滞在

848A6580_2

滞在2日目。ホテルから旧市街まではバスで20分ほど。バス停の近くのキオスクで切符を買いバスに乗車。バスには、観光客に加え地元の学生さんも多く乗車しているので車内は混雑している。近くに立っていた若い女性らは、大きなリュックを抱える私を鬱陶しく思ったのか、バスが揺れる度に憮然とした表情を浮かべる。いやはや、申し訳ない。

旧市街エリアに入ったあたりで勘を頼りに降車。んー、素晴らしい眺めだ。天気も最高。写真を撮りながら、長い階段を下り旧市街の正門へ。荘厳である。写真に見られる青いプレートは民宿を表すもので、意識していなくてもあちこちで目にする。

正門をくぐって旧市街の中へ入ると映画のような街が。オレンジ色の瓦屋根。白っぽい石造りの壁。深緑の雨戸が鮮やかに映る。そのまま適当なカフェに入ってビールで乾杯といきたいところだが、まず我々が向かうべきはコインランドリー。実は、洗濯物をかなり溜め込んでいたのである。

コインランドリーは旧市街の北西、プロチェ門のすぐそばだが、ちょっと分かりにくいので一番下にGoogle Mapを。

溜まった洗濯物を洗濯機に放り込みお金を入れて洗濯スタート。洗いは30分くらいなので、ビールでも飲みながら待つことに。ちょうどすぐ近くに我らがスーパーKONZUMがあったのでOzujskoビールを購入。外でプシュッと開けまして、晴天の空の下ドブロブニクにて乾杯。気分よろしね。3人でグダグダ話しをして適当に時間を潰す。そんな中、ふと近くの建物に目をやると壁面に弾丸の跡が。街は綺麗に修復されていはいるが、ここも20年ほど前は戦場。Wikiによると、1991年から92年の7ヶ月間、セルビア・モンテネグロの軍隊(ユーゴスラビア人民軍)の砲撃で甚大な被害を被ったのだそうだ。

洗い上がった洗濯物の乾燥は1時間ほど。小さな街をざっと見て回るには調度良い。それにしても美しい街である。美しいがゆえに観光客がいっぱい。中韓の団体ツアー客も目立つ。日本人と覚しき人も時々見かけるが、ほとんどが個人旅行。何かプロモーションに違いがあるのだろうか。それはさて置き、この観光客の多さは予想外だった。ドブロブニクは、もっと静かで海を見ながらボケーっとする場所だと思い込んでいたので、観光客の喧騒に負けじと一段ギアを上げるべくOzujskoビールで乾杯。

【INFO】
ドブロブニクのコインランドリー


旧ユーゴの旅12 – ドブロブニクへ

時間が前後して恐縮です。

iPhone事件勃発前は、プリトヴィツェからスプリットに向かう予定だった。しかし、午前10時半からスプリットに向かって中途半端な一日を過ごすよりも、飛行機で一気にドブロブニクまで行ったほうが良さそうだったので、「Croatia Airlines」のWebサイトで国内線を予約。チケットは最安で7,000円前後。昼の便は10,000円くらいだった。予約コードが割り振られるが、特に何かをプリントアウトする必要もなく、当日窓口でパスポートを提示すると問題なく搭乗できた。
※EチケットはWebで予約するときの情報が全てなので、スペルのミス等にはお気をつけを。

当初は1泊のみの予定だったザグレブの宿「Heart of the city」に結局3日間もお世話になり、旅慣れていない3人のわがままで管理人のアナさんには迷惑をかけしてしまった。宿は若者向けのいわゆるドミトリータイプだが、オフシーズンだったので貸し切り状態。宿の風呂にあったアボカドの油を使ったボディーソープ、日本でも売ってないかな。

宿を出発してからiPhoneを受取りビールで乾杯、までが前回の記事。その後、バスターミナルから空港行きのバスに乗車。ザグレブの中心地からは1時間くらいだったと思う。

空港の2階にレストランが2軒あり、特に考えもせずセルフの安そうなレストランに入ってみた。日替わり定食のような形で何種類かの料理が選べる。とりあえず牛肉のシチューを注文。サフランライスの上にシチューがかかった状態で出されるのだが、シチューの色合いが薄く正直あまり旨そうではなかった。しかし、一口食べてみるとこれが絶品。クロアチアの料理はどれも平均的に旨いのだが、このビーフシチューは日本でも食ったことのないほどの旨さ。もうサラエボには行かずにクロアチアに居ようかな、なんて思ってしまうほど。

フライトの時間になり飛行機に搭乗し無事に離陸。この辺りは順調過ぎたせいか記憶があまり無い。順調な旅は記憶に留まりにくいのかな。気が付くと飛行機は洋上に達していたようで、不意を突かれた形でアドリア海とご対面。ここが『紅の豚』の舞台か。荒涼とした山肌と海のコントラストが美しい。そんなクロアチア沿岸の風景に見とれていると、一目でドブロブニクと分かる街が眼下に。珍道中も遂にここまで来たかと感無量。程なくして飛行機は無事に着陸。送迎車が迎えに来てくれていたのでそれに乗り込んで宿へ。

チェックインを済ませ部屋へ。一同大変疲れており、この日は宿でゆっくりしようということに。とは言え、この旅にビールは欠かせないのでイトー君と近くのキオスクに買い出しに。すると、夕日が今にも沈みそうだったので、一人で海岸まで行って写真をとってみた。瀬戸内海にそっくりだ。

【INFO】
クロアチアエアライン
ホステル ハート オブ ザ シティー