BLOG

BANBOO

竹

先日森林組合から、裏山に植林させて欲しい、との要望があった。作業が終わったようなので、現場を確認しに行ったら、荒れた竹藪がこの通り。歩くのもままならなかったのが嘘のようだ。

伐採された竹の間に植えられたのは杉。竹は生命力が強いから今後も生えて来るのだろうが、杉と竹が共存するのか、やがて杉に駆逐されるのかはわからない。

せっかくなので、気軽に山に入って腰を下ろしてぼんやりできる程度に維持していけたらと思う。その他、どんな使い道があるだろう。サバゲーのフィールドかソロキャンプのサイト。

NEIGHBORHOOD

ランドクルーザープラド150 / LAND CRUISER PRADO 150

新型コロナにも、報道にも嫌気がさして、屋外で読書でもしようと外出。最初は採石場近辺に車を停めたのだが、どうもしっくりこないので10分ほどで立ち去った。

次に向かったのは隣町。今年の初めに見つけた見晴らしの良い場所だ。連休初日にも関わらず2時間ほど車を停めていても誰にも会わない。こういう所に自宅から20分ほどでアクセスできるのだから、田舎暮らしも悪くない。

海が臨む風景 / View from a mountain in Aji town

首を少し左に振ると、ソーラーパネルが整然と並べられている。この事業者は、恐らく景観に配慮し計画的に施工したのだろう。時々、ノリでパネルを置いただけのような太陽光発電施設が目に付くが、せっかくの景観が台無しになるのでどうか改めて欲しい。

整然と並べられたソーラーパネル

読書していた路肩から徒歩で少し斜面を登ると、大きなコンクリートの基礎があり、

大きなコンクリーとの基礎

そこに登るとこんな景色が楽しめる。瀬戸内海は美しい。今度友人が訪ねて来たらぜひここを案内したい。

瀬戸内海の眺め

愛車のランドクルーザープラド150系後期。本当に買って良かった。どこを走るにも安心。

LAND CRUISER PRADO 150 / ランドクルーザープラド150系

ちなみに、今日読んでいたのは、『まったくゼロからの論理学』(野矢茂樹著)。平易な文体で命題論理学と述語論理学が学べる。言葉の運用に自覚的になるために。とても読みやすい本なのでおすすめ。Amazonのリンクを貼っておきます。

まったくゼロからの論理学

LAND CRUISER PRADO

LAND CRUISER PRADO 150

買ってから既に4ヶ月経つのだが、次なる相棒TOYOTA LAND CRUISER PRADO 150系 後期 ディーゼルの黒のご紹介。車両重量約2.2t。どっしりしている。

LAND CRUISER PRADO 150

兄貴分のランドクルーザーも検討したのだが、価格、エンジン、ボディーサイズ、維持費の面から、プラドが最良と判断。燃費は予想以上に良く、高松市内の一般道でもアクセルワークに気をつけて走ると、14km/L少し超えるくらいまで伸びた。渋滞や混雑に見舞われると9.8km/L辺りまで落ち込む。

色はソリッドブラックを選んだが、正直、パールホワイトの方が良かったのではと感じることもしばしば。手入れのしやすさは圧倒的に白。黒は手入れが難しい。小傷や埃がよく目立つ。割とマメに洗車しているのだが、ボディーには既にイオンディポジットが。。。

「ディーゼルエンジンはうるさい」。そんな印象をお持ちの方がいるかも知れないが、プラドは至って静か。前車Mazda CX-5 (2012年式ディーゼル)よりも。車内の会話が楽になったし、音楽のボリュームを絞っても音像が良く聞こえる。そもそもCX-5は※ビビリ音が酷かったので、余計静かに感じるのかも知れない。

※ビビリ音 / CX-5を新車にて購入後、半年も経たない内からダッシュボード内から耳障りな異音が発生。マツダのディーラに約6回、本社工場に1回修理に出したが、最後まで直らないまま手放した。

MAZDA CX-5 2012年式の異音

プラドを納車してすぐ、カーセキュリティーを導入した。振動や傾き、こじ開け、車内への侵入を検知すると、大音量で警報が鳴る。また、イモビライザーも合計4つ(になるのかな)搭載。万一車内に侵入されてエンジンをかけられても、ピンコードを入力しないと発車できない仕組みになっている。ダメ押しで、キーナットのついたホイールにタイヤロックまで噛ませてある。

納車してからまだ4ヶ月だが、既に結構な距離を乗っている。未舗装の川辺にも降りてみたが、何の問題もなく走る。4月になれば少しゆとりが出来るので、川縁でのんびりしたいと思う。

Hvala Mazda CX-5!!

昨日、相棒MAZDA CX-5を売却しました。型式はLDA-KE2FW。登録は平成24年9月25日で、7年の長きに渡って世話になりました。感謝の気持ちを込めて、一昨日隣町の海岸に写真を撮りに行ったのですが、一番綺麗な浜辺への侵入路が封鎖されていて、急遽別の場所で撮影。小さくプリントして部屋に飾ろうと思います。

自分のところに来てくれたCX-5には本当に感謝しています。手放してもなお愛着を感じます。しかし、マツダは自動車製造メーカとして信用するに値する企業ではないと判断せざるを得ない出来事がありましたので、もうマツダの車に乗ることは無いと思います。

実は、既に次の車を発注済みで、今日ディーラーにて契約金を支払いと本契約を済ませてきました。納車まではビッグモーターさんが無償で提供してくださった代車で過ごします。本当に有り難い。

AIKIDO IN SERBIA

bakir koca

2018年5月、セルビア南部の街ノビ・パザールにて。被写体は合気道の達人バキル君。ラマダン中にも関わらず、休日は朝から晩まで僕に付き添って街を案内してくれました。

※加筆予定

SAKURA

3月はとても忙しかったのですが、4月に入り桜を見上げることができる程度に落ち着きました。5月初旬にはこれまでに経験したことのない重要な仕事が控えています。5月末にはDFHのデンマークツアーに随行カメラマンとして参加します。せっかくヨーロッパに行くのでサラエボに寄りたかったのですが、本島のKADK RENOVATION PROJECT 2019を記録しなければならないのでまっすぐ帰国します。今年は11月にバルカン入りする予定です。

TRAINING 14 NOV 2018

一昨日のトレーニング @ 自宅

  • ベンチプレス
  • ベントオーバーローイング
  • ダンベルショルダープレス
  • サイドレイズ
  • バーベルデッドリフト
  • ネックフレクション
  • ネックエクステンション
  • ワイドプッシュアップ
  • 腹筋ローラー
  • ブルガリアンスクワット
  • スタンディングカーフレイズ

部位ごとに鍛えるのが面倒なので、いまのところ一度のトレーニングで全身を鍛えている。

JIUJITSU CLUB SARAJEVO

Jiujitsu Club Sarajevo

写真の師匠ジーヤさんの紹介で訪れたサラエボの柔術クラブ。オリンピックスタジアムのZetra(ゼトラ)という体育館の中にある。最初にここを訪れたのは2016年で、その日がちょうど道場のこけら落としの日だった。その後、2018年にこの道場に正式加入し、滞在中、時間の許す限り道場に通った。人生3回目の白帯だ。一応プロライセンス持ちのキックボクサー(武勇会高松所属 香川県)なので、スタンディングで行う首相撲(キックボクシングやムエタイで多用される技で、相手に組み付き肘や膝を当てる)の経験はあれど、当然その程度ではブラジリアン柔術(BJJ)には全く歯が立たない。道場主のケナンさん曰く「BJJはヒューマンチェスだ」と。正にその通りで、ストライキングよりも緻密で論理的に感じる。十代の後半、浅草で古武術を習っていたのだが、その道場の館長が「寝技に『ラッキーパンチ』はない」と言っていた。恐らく、グラップリングの方が実力差が鮮明に出るのだろう。

自分自身、グラウンドには全くセンスを感じず、寝技系格闘技はずっと敬遠してきたのだが、実際にやってみるとこれがまた面白く、この年になってやっとその魅力に気がついた。

戦後の様子を撮りにボスニアに来たはずが、気が付くと、カメラそっちのけで格闘技ジムのマットの上を転がりまわっているのだから、写真家という属性に身を任せてみるのも面白い。つづく。

Place : Zetra Olympic Hall, Sarajevo
(a.k.a The Juan Antonio Samaranch Olympic Hall)

TRAINING 11 NOV 2018

昨日の筋トレ@自宅

  • ベンチプレス x 3
  • デッドリフト x 3
  • 腹筋ローラー x 3
  • ブルガリアンスクワット x 3
  • ワンハンドローイング x 3
  • バックブリッジ x 3
  • 肩周り x 3
  • 脹脛 x 3

20時現在の体重67.3kg

Learning Photography in Sarajevo

Ziyah Gafic at Grafotisak Grude

2016年より写真をジーヤ・ガフィッチ氏(写真中央)に習っている。もちろん習えるのはサラエボにいるときだけで、それ以外は自助努力を続けている。ジーヤさんは報道・ドキュメンタリー寄りの写真を撮っているが、ひとつひとつの作品が詩的で繊細。本当に素晴らしい作品を生み出し続けている。また、World Press Photoでファーストプライズに選ばれたり、TEDのフェローを務めたりと海外でも活躍されている。

ジーヤさんのお宅には、Airbnbの宿泊スペースがあり、2016年の滞在はそちらを利用させていただいた。ご自宅からオールドタウンまでは800mほどだが、坂道が急な土地柄、滞在を通して最も成長したのは、カメラの腕前ではなく脚力だったかも知れない。余談だが、サラエボで写真家活動をするに当たっては、健脚であることは非常に重要で、どんなに忙しくても渡航の2ヶ月前から走り込みを行う。

滞在中、幸運なことにジーヤさんの新作『HEARTLAND』の色校正を見学することができた。場所はモスタル郊外の「Grafotisak Grude」。非常に近代的な工場で、西欧の7割くらいの金額でプリントできるとのこと。自分もいつかここで。

つづく