NONG-O

Nong-o by ONE Championship

ONE Championshipで見せたノンオーの素晴らしいミドルキック。武道一般で用いられる「踏み込み」という言葉に惑わされないように、蹴り始める直前の両膝の「溜め」から観察すると良いです。

※Eye-catch image is taken from ONE Championship Youtube Channel below.

MINDFULNESS CLEANUP

清掃の現場

もはや説明の必要もないほどポピュラーなマインドフルネスですが、その手法をゴミ拾いに応用するとどうなるか、自身を用いて継続的に実験してみたいと思います。この行いは視覚的に砂浜をキレイにすることが第一義ではなく、飽くまでもゴミ拾いにマインドフルネスの効果があるか否を見定めるものです。収集の対象は無理なく拾えるサイズのプラスチックゴミに限定します。

ゴミと砂浜

初日。現場の砂浜に到着。思ったよりも汚れています。ゴミの大半はプラスチックゴミ。これがマイクロプラスチックとして環境を汚染するのだから恐ろしい限りです。

CRAFT BOSSの空きペットボトル
清掃開始。栄えある収集ゴミ第1号は、SUNTRYのCRAFT BOSS。サントリーさんごめんなさい。おいしいコーヒーなのに不名誉な……。

ゴミと砂浜

それにしても、かなり汚れていますね。平安時代末期、大勢の武者達が戦いそして死んでいった場所なんですが……。「マインドフルネスごみ拾い」の実証実験とはいえ、死者への弔いも兼ねてペットボトルを丁寧にひとつひとつ。
※写真で見るよりも遥かに汚れています。

イチジク浣腸

定番のイチジク浣腸。令和新時代となっても未だに海や海岸を彷徨っているんですね。触りたくない……。

30分で集まったゴミ

清掃開始から30分も経たず、持参したゴミ袋が一杯になり継続不能となりました。個人に処理できるゴミの量なんてまあこんなもんですね。1セッション30分という基準ができました。

初日を終えての感想を一言で言うと「爽快」です。海岸で黙々と独りゴミを拾う。他人に干渉されず、誰の目にも触れずゴミを拾う。部屋でスーハースーハー呼吸にのみ集中するよりも充足感があります。

次回はまだ未定ですが、近い内にまた清掃しに行きたいと思います。