KNIVES

Bark River Knives Bravo 1 CPM-154

最近、焚火台を使って裏山で焚火をしている。火を眺めていると、コロナ禍の只中にある不安やストレスから束の間開放される。屋外で快適に過ごすにはまだアイテムが足りないが、優先度の高いものから徐々に買い揃えて行くつもりだ。ところが、この2週間はいささかバランスを欠いた買い物をしてる。ナイフだ。実は、ナイフの専門店「The Edge」さんが閉店セールを行っている。安くなっているので2週間ほどの内に3本も買ってしまった。他にもアマゾンでモーラを買ったり、ヨドバシのポイントでビクトリノックスの「レンジャーウッド 55」を入手したりと。

現在所有しているナイフ/マルチツールは主に、

  1. モーラ・ナイフ (Morakniv) Companion Heavy Duty Black (ステンレス)
  2. バークリバー (Bark River Knives) Bravo 1 CPM-154 Black Canvas Micarta
  3. バークリバー (Bark River Knives) Bravo EDC CPM-154 Black Canvas Micarta
  4. フロビス (PHROBIS) 9010
  5. スパイダルコ (Spyderco) C189PBK ROADIE
  6. ガーバー (GERBER) CURVE
knives

実は、閉店セールを知る数日前に、アメリカのDLT Tradingにて、Bark River Bravo 1.25 3Vを購入。現在、USPS経由で日本に向かっている。短期間のうちにバークリバーが3本も。。。モーラとバークリバーの素晴らしさについては、既に他の方々が書きつくしているので、初心者の自分が書き加えるべきことは殆ど無いのだが、3のBravo EDCが想像よりも遥かに握りやすい、ということだけは書いておきたい。物としてカッコいいのはブラボー1だろうか。

さて、焚火には当然薪が必要なのだが、市販の薪は大きすぎるので適当なサイズにする必要がある。使っている焚火台は、スノーピーク(snow peak)の「 焚火台 Mスターターセット 」。サイズは350×350×248mmなので、のこぎりで薪を30cm長さにカットし、ナイフやナタでバトニング。着火は専らSOTOのターボライターを使うのだが、今日始めてファイヤースターターを使ってみた。LIGHT MY FIREの「FireSteel BIO Army」。ハンドルはバイオプラスチックで最終的に二酸化炭素と水に分解される。スウェーデン軍のために開発された物だそうだが、極めてシビアな状況を想定してもなお、環境を思いやるマインドがすごい。さすがは北欧。

LIGHT MY FIREの「FireSteel BIO Army」

ただ、自分のようなアウトドア初心者がファイヤースターターで火を起こすには、よく燃える火口(ほくち)が必要なのだが、事もあろうにいきなりフェザースティックに着火を試み見事に失敗。帰宅後、ティッシュや麻紐を使って練習すると、うまく火が点けられるようになった。

次はライター無しの焚火に挑戦する。

(注) ナイフの商品リンクには、モーラを除き、自分が所有しているモデルと近いものを掲載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください