井上真輔写真展 「TRAINING DAYS IN BOSNIA AND HERZEGOVINA」

photo_exhibition

写真展「TRAINING DAYS IN BOSNIA AND HERZEGOVINA」が開催されることになりました。

2016年11月に渡航した時に撮った写真を中心に展示します。

以下は、展示会場である Marute Galleryさんに書いて頂いた紹介文です。

お時間がございましたらぜひお越しください。

 

2014年より、毎年ボスニア・ヘルツェゴビナに渡航し、そこにある風景、街、人々のリアルな日常を記録してきた、香川在住の写真家・井上真輔の初個展です。

ボスニア紛争終結からおよそ20年。
近代史上最も長い包囲戦を生き抜いた人々はいま、何を思い、どのように生きているのか。

井上は昨年11月、サラエボ在住の著名な写真家Ziyah Gafić 氏(http://www.ziyahgafic.ba/)のアトリエに約1ヶ月間滞在しながら、街の様子や人々の生活ぶりを記録しました。
そこには、停滞する復興、失業、汚職・・・様々な問題や矛盾を抱えつつも、日常を穏やかに過ごす人々の群像がありました。

今回は、主にその滞在中に撮影した作品を展示・販売いたします。

*2/19(日)にはギャラリートークを行います。
写真のこと、旅のこと、ボスニアの現状について etc.
スライドを見ながら深く掘り下げます。
どなたでもお気軽にご参加ください。

|EXHIBITION|

井上真輔写真展
“TRAINING DAYS IN BOSNIA AND HERZEGOVINA”

[日時]2017.2.11(sati)- 2.20(mon)※2/15休廊
[時間]13:00-19:00/土日11:00-19:00
[会場]MARÜTE GALLERY
[入場料]無料

|EVENT|

ギャラリートーク

[日時]2017.2.19(sun)18:00〜
[会場]MARÜTE GALLERY
[参加費]500円(ドリンク付)


タブラの合宿

_48A4063_2
タブラの合宿に参加した。師匠に習うのは1年ぶり。腕・勘・記憶力。何もかも衰えていたが、非常に充実した時間を過ごすことができた。

自分が怠けている間に、他の生徒さんは着々と力を付けていたようで、みなさんの上達ぶりに驚いた。

局所性ジストニアの関係で手のフォームを一新してから初めてのレッスン。以前のフォームに直されるのではないかと思ったが、特に咎められることはなかった。

練習は朝の8時から昼までと、14時から18時までの二本立て。8時間みっちり。僕は仕事の都合で2日間だけの参加となったが、最長5日の日程。時間が許せば全ての日程参加したかった。

先は長いインド音楽の道。

また来年。