井上真輔写真展 「TRAINING DAYS IN BOSNIA AND HERZEGOVINA」

photo_exhibition

写真展「TRAINING DAYS IN BOSNIA AND HERZEGOVINA」が開催されることになりました。

2016年11月に渡航した時に撮った写真を中心に展示します。

以下は、展示会場である Marute Galleryさんに書いて頂いた紹介文です。

お時間がございましたらぜひお越しください。

 

2014年より、毎年ボスニア・ヘルツェゴビナに渡航し、そこにある風景、街、人々のリアルな日常を記録してきた、香川在住の写真家・井上真輔の初個展です。

ボスニア紛争終結からおよそ20年。
近代史上最も長い包囲戦を生き抜いた人々はいま、何を思い、どのように生きているのか。

井上は昨年11月、サラエボ在住の著名な写真家Ziyah Gafić 氏(http://www.ziyahgafic.ba/)のアトリエに約1ヶ月間滞在しながら、街の様子や人々の生活ぶりを記録しました。
そこには、停滞する復興、失業、汚職・・・様々な問題や矛盾を抱えつつも、日常を穏やかに過ごす人々の群像がありました。

今回は、主にその滞在中に撮影した作品を展示・販売いたします。

*2/19(日)にはギャラリートークを行います。
写真のこと、旅のこと、ボスニアの現状について etc.
スライドを見ながら深く掘り下げます。
どなたでもお気軽にご参加ください。

|EXHIBITION|

井上真輔写真展
“TRAINING DAYS IN BOSNIA AND HERZEGOVINA”

[日時]2017.2.11(sati)- 2.20(mon)※2/15休廊
[時間]13:00-19:00/土日11:00-19:00
[会場]MARÜTE GALLERY
[入場料]無料

|EVENT|

ギャラリートーク

[日時]2017.2.19(sun)18:00〜
[会場]MARÜTE GALLERY
[参加費]500円(ドリンク付)


2016年

初詣は八栗寺へ。日が昇り、初神社詣は津田八幡宮。

お参りの後、松原の砂浜でしばし黄昏れ。

そして、初コーヒーはボスニア式のBosanska Kafa。

848A4345_2

コーヒーセットは、2014年の旅で買ったもの。コーヒー粉は2015年にサラエボの空港で。独特の香りがたまらん。今現地は雪景色。撮りに行きたいな〜。

今年は多分、友達に会いにベルリンに行く。ついでにボスニアの友人たちにも会いに行ければ。


サラエボの寿司店「SUSHI SAN」

※2014年の旅の記事が完成していませんが、特記すべき事柄は順番に関係なく挿入していきたいなと思います。

サラエボに「SUSHI SAN」というお寿司屋さんがある。長身の大将と二人のスタッフが切り盛りする素敵なお店だ。四人掛けのカンター席と、窓側に二名席。コンパクトではあるが、白を基調とした店内には清潔感が漂う。

ネタは、マグロ、サーモン、ホタテ、甘エビなど。どれも新鮮で臭みもなくとても旨い。シャリにはコシヒカリを使用。醤油も日本で口にするものと遜色ない。ガリに関しては、日本で食べるものよりも旨くて驚いた。こだわりの自家製である。アボカドを使ったニュースタンダードな巻き寿司も旨く、来店の際はぜひお試しいただきたい。

大将に「どうですか?」と聞かれたので、「とても旨くて驚いています」と言うと、ニンマリしながらペコッと頭を下げる。その仕草には実意が感じられ、ご自身の仕事に誇りを持っているんだな、と感銘を受けた。異国の地でこれ程の寿司が楽しめるのは幸せなことだ。

ところで、店名の「SUSHI SAN」であるが、「SAN」はボスニアの言葉で「dream」を意味する。つまり「夢の寿司」だ。大将の握る寿司には「夢」が込められている。

大将曰く「ワサビを育てるのに絶好の場所を見つけたんだけど、遠くてねえ」と。しかし、あのこだわり様なら、ボスニアの清流にすくすくと育つワサビを見る日もそう遠くはなさそうだ。

間でタマゴをサービスしてくれたり、「開運」の大吟醸を飲ませてもらったりと至れり尽くせり。もう一人の板前さんに「あそこへは行ったか?ここはお勧めだよ」と、PCで観光案内をしてもらったりと、日本の寿司屋さんよりも親しみやすい。

店内には秋野暢子さんのサインもあり、既に何度か来店されているとのこと。

また近いうちにサラエボに行くと思うが、その際には必ずSUSH SANを再訪したい。ボスニアの郷土料理も旨いが、和食もね。

http://www.sarajevosushi.com