旧ユーゴスラビアの旅5 – ザグレブ着

[写真1-4] ボスニア北部、たぶんバニャルカ辺りではないかと思われる。ボスニアは、ムスリムとクロアチア系住民が大勢のFD (Federation of Bosnia and Herzegovina) とセルビア系住民が大勢のRS (Republika Srpska) に分かれている。バニャルカはRS側の首都。街の落書きにもキリル文字っぽいのが目立つので恐らくRSかと。

バスはクロアチアとの国境へ。国境ではバスから降りての入国審査。と言っても、特別何か書いたり検査されたりすることはない。パスポートを準備して現地の人たちの列に並んで係官に呼ばれるのを待っていれば良い。係官はかわいらしい女性で、スタンプを押したあと笑顔で見送ってくれた。再びバスへ。国境はかなり混んでいてなかなか出発しない。バスの窓から道路の様子を見ていると、車線を譲る譲らないでしょっちゅうクラクションが鳴り響く。現地の男性は体格が良く、髪を短く刈り込んでいる人が多いので、見ているだけで萎縮してしまう。

すっかり日が暮れた頃、バスは再びザグレブに向かって出発。程なくしてパーキングエリアに停車。成田を出て以来、まともなものを食べていなかったので、なにか暖かいものが食べたかったが、車内アナウンスが現地語で、どのくらい停まるのか分からない。運転手に聞けばよいのだが、体内の残存エネルギーと、もし英語が通じなかった時の落胆の度合いを天秤にかけると、水だけ飲んでイトー夫妻とダベっているのが良さそうに思えた。

バスはザグレブに向かって出発。景色が徐々に都会になってゆく。道幅も広く、舗装も行き届いていて大型のショッピング施設などが目に留まる。幹線道の街灯はオレンジ色。十分すぎるほどの明るさだが、色温度の高い光線が様々な物体から色彩を奪い、均質化された都会の街が闇夜にのっぺりと広がっている。

[写真5,6] 21時頃、ついにバスはザグレブのバスターミナルに到着。長い道のりだったが達成感が疲れを上回る。イトー夫妻が燻らすタバコの煙にもやり遂げた感が。


旧ユーゴスラビアの旅4 – サラエボからザグレブへ

[写真1] サラエボのバス乗り場よりクロアチアのザグレブに向かって出発。いきなり砲撃で破壊されたと思われる建物が。

[写真2] 味のあるマンション。どことなく社会主義的な雰囲気が。旧ユーゴ時代に建てられたものだろうか。

[写真3] かつてのセルビア人支配地域「グルバビッツァ地区」の近く。紛争時は最前線だった場所。オシム監督はグルバビッツァに住んでいたのだとか。大きなサッカースタジアムもある。

[写真4] しばらくするとほのぼのした田舎の風景に。護岸工事のなされていない川が美しい。

[写真5] 国政選挙が近いためか、各地で政治家のものと思われるポスターが。サラエボでは、ボスニア・ヘルツェゴビナ初代大統領アリヤ・イゼトベゴヴィッチの息子、バキル氏の巨大な看板をいくつか目にした。

[写真6] 乗車したバス。なかなか快適でした。トイレはパーキングで済ますことになるので、水の飲み過ぎには注意。

[写真7] バスから目にしたものを書き取るイトー奥さん。さすがはグラフィックデザイナー。

[写真8] イトー君の足元。断りなく本人の写真を載せちゃまずいので足だけの登場。

[写真9] なんと、地中からガードレールが生えてきてるじゃないか。

[写真10] ボスニアの自然、美しい。

 


旧ユーゴスラビアの旅3 – トルコからサラエボ

[写真1] 無事にトルコを出発。下は雲海。マケドニアの辺りだろうか。

[写真2,3] 恐らくボスニア領内。サラエボの標高は550m。周囲が山に囲まれた盆地のため、霧や雲が立ち込めやすい。飛行機が遅れたのはこのため。

[写真4] 感動の瞬間。サラエボの街が眼下に。遂に来てしまった。

[写真5,6] 雲海に突入。そしてまもなくランディング。

[写真7] 無事サラエボ空港へ。感無量。内戦でダメージを受けた空港も今ではこの通り綺麗に修復され、ボスニアの玄関口として機能している。 戦争から約20年ほど経過しているので、当たり前といえば当たり前なのだが。

入国審査をパスして空港のメインロビーへ移動すると、190cmはあろうかという大男が「Shinsuke Inove」とかかれた紙を持って立っている。私、Inoueなんですけどね。

後に知ることになるのだが、ピックアップに来てくれたこの人は、宿の女将さんの息子さんであった。

 

Continue reading “旧ユーゴスラビアの旅3 – トルコからサラエボ”